【ボホール島】卒業旅行はフィリピンの島めぐり?!ボホール島のチョコレートヒルズ | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

【ボホール島】卒業旅行はフィリピンの島めぐり?!ボホール島のチョコレートヒルズ

私が初めてフィリピンに来たのは、大学1年生18歳の時。

微笑みの島と言われるネグロス島のサトウキビ畑で

ホームステイをしたのでした。

 

これがきっかけでバックパッカーになり20か国をめぐり、

結局フィリピンが一番好きで、24歳で移住してきたわけですが、

大学の卒業旅行ももちろんフィリピンでした。

 

その時はパラワン島に行きましたが、フィリピンの島は

本当に魅力的で時間の流れがまったりゆっくりで、おススメ!

 

今日は、ボホール島を紹介したいと思います。

ボホール島タグビララン空港までは、マニラ空港から飛行機で1時間くらい。

セブ島からだとフェリーで2時間くらいです。

 

Chocolate_BOHOL.JPG

 

ボホール島は海に囲まれた田舎町ですが、その海というと

すごくきれいで、フィリピンのスキューバダイビングの聖地

とも言われています。

 

更に、自然が作った観光地もあります。

一番有名なのが、チョコレートヒルズ(Chocolate Hills)

 

Chocolate_board.JPG

 

広大な大地に出来た不思議な丘の集合体。

4~5月の乾季にはこの丘が茶色に代わってチョコレートの

ように見えることから、チョコレートヒルズと言われています。

 

階段をずーっと上ってハァハァ言いながら展望台から周りを

見渡すと、

 

Chocolate_hills.JPG

この息を飲むような絶景。

 

チョコレートヒルズができたのはもう100万年も前とのこと。

こんな変わった地形ができた理由は色んな説があるらしいですが、

うーん不思議。

 

でも、自然の偉大さと美しさを感じる一日となりました。

 

明日は、ボホールにいる世界一小さいメガネザル、ターシャをご紹介します。

 

 

 

 

 

著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: レッチェフラン
学生時代に20カ国を旅した後、何度も帰ってくるようになった一番好きな国フィリピンに7回目の渡航でついに移住。バギオ⇒セブ⇒マニラと2度引越しをし、マニラ在住。初対面の人に100%タガログ語で話しかけられるフィリピン人容姿・振舞いを習得済。明るいフィリピン人に囲まれて、ハプニングだらけな刺激ある毎日を楽しく生きています。趣味はズンバ(ダンス)と読書。
名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)
正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク