【マニラ】交通手段の「P2Pバス」が便利でお得! | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

【マニラ】交通手段の「P2Pバス」が便利でお得!

フィリピンの伝統的な乗り物といえば「ジプニー」ですが、最近マニラの地元メディアのニュースを見ていると、「P2Pバス」という言葉を多く目にします。


あまり馴染みのない単語のため、ずっと何かと思っていたのですが、「P2P=Point to Point」で、「P2Pバス」とは、ある地点とそこから離れた別の地点を直接(ないし、少ない途中停車)結ぶバスのことを指しているそうです。


何が通常のバスと違うかというと、間のバス停が限りなく少なくなっており、目的の場所まで早く着くことができるバスとなっています。


p2pbus1.jpg


街中で「POINT TO POINT」という文字が記載されたバスを目にすることも多くなっています。


特に最近は、新しく出来たショッピングモールへの集客のために、交通手段として「P2Pバス」を運行するものも出てきています。


ニュースで期間限定で無料で乗れるP2Pバスがあるとのことで、実際に乗って体験してきました。


p2pbus3.jpg


ショッピングモールから別のショッピングモールを繋ぐバスも多く、この日はマカティの「グロリエッタ3」から「アヤラ・サーキット・モール」へ無料のP2Pバスに乗って遊びに行ってきました。


ちゃんとした乗り場だと、このような看板で金額や経路などが示されています。


ちゃんとしてる方が珍しいかもしれません...笑


p2pbus4.jpg


乗車場所で待っていると、色々な場所へ行くP2Pバスがやってきました。


不安な場合は、必ず運転手ないしお金を払う人に行き先を確認しましょう!


p2pbus7.jpg


バスに乗ってみると、革張りの椅子に綺麗な車内でびっくりしました。


p2pbus5.jpg


p2pbus6.jpg


椅子もふかふかしていて、とても快適...!


特に都市部では新しいバスが導入されて、想像よりもはるかに快適なバスが運行されています。


これだったら、日常的に利用したい!


結構遠い距離まで行って、50ペソ等なのでかなりお得です。


ジプニーのように通りごとに乗り換えが必要なこともなく、エアコンもしっかり効いていて快適でした。


p2pbus9.jpg


テレビまで付いています!


地方に行くのに古いバスに乗ったことはあったのですが、今回新しいP2Pバスに乗って印象がだいぶ変わりました!


日本と比べるとタクシー代も安く、タクシーを利用しがちですが、先を急ぐ必要がない場合は、こういったバスを利用するのも楽しいです。


バスの中での出会いやバスから見える風景はまた少し違っていて、フィリピンを感じることができます。


ぜひ行きたい場所をP2Pバスが繋いでいるようなら利用してみてはいかがでしょうか?



TAKUSEKI@tac_uitl])


著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: TAKUSEKI(たくせき)
新卒で公務員を経験ののち、IT企業に転職。その後フリーランスとして独立。 東南アジアの勢いを見たくて、知人が住んでいたフィリピン・マニラに移住。
マニラの都市マカティを中心に、日本とフィリピンの間でノマドワークをしながら、WEB領域で活動しています。
趣味は、食べ歩きとブログ、デザイン、プログラミング。
名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)
正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク