【マニラ】日本の野菜が食べれるBBQカレー「camp」がマカティにオープン | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

【マニラ】日本の野菜が食べれるBBQカレー「camp」がマカティにオープン

日本の新橋に本店を構える野菜が食べれるBBQカレー「camp」が、マカティのアヤラトライアングルにオープンしました。


DhvIzMeVAAAMDhS.jpg


オープンから少し経ちますが、現地に住む日本人からの評判も良く、僕もようやっと行くことができました!


アヤラトライアングルという大きな公園の中に、いくつか飲食店が入っており、その中の1つとしてオープンしました。


看板に「TOKYO」という文字がドカンと入り、日本ブランドのレストランだと現地のフィリピン人が見てもわかるようになっています。


campcurry3.jpg


campcurry6.jpg


campcurry4.jpg


中に入ると、キャンプやアウトドアをイメージさせる店内の内装になっていて、おしゃれで可愛いです。


使用するグッズにもこだわっており、水は水筒で、スプーンはスコップの形をしていました。


campcurry1.jpg


メインのメニューはもちろんカレーで、①具(写真中【1】〜【6】)と、②ソースを選んで注文することができます。


今回、僕は「【2】BBQ CHIKEN & CURRY VEGETABLES」で、オリジナルソースを頼みました。


ソースを注文する際に、spaicy(辛め)かどうか選ぶことができるので、辛口が苦手な人にも安心です。


ちなみに、僕は辛口が苦手なので、辛くないようにしてもらいました...笑


campcurry7.jpg


注文したメニューも10分程で出てきて、フィリピンでは嬉しい野菜たっぷりのカレーが来ました。


ガッツリ野菜が食べれるって本当に嬉しい...!


campcurry2.jpg


チキンも香ばしく焼かれ、まさにキャンプで食べる味に近く、野菜も美味しく食べることができました。


campcurry5.jpg


カレーのルーも甘みがあり、日本人好みの味になっていました。


そして、とてもありがたいのが価格がリーズナブルというところ!


野菜カレーの場合は230ペソ、チキンカレーは290ペソでした。


campcurry8.jpg


これだけ野菜が食べれて、200ペソ台は嬉しいです。


これはリピートの予感がしています!


ぜひたっぷり野菜のカレーを味わってみてはいかがでしょうか?



TAKUSEKI@tac_uitl])


著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: TAKUSEKI(たくせき)
新卒で公務員を経験ののち、IT企業に転職。その後フリーランスとして独立。 東南アジアの勢いを見たくて、知人が住んでいたフィリピン・マニラに移住。
マニラの都市マカティを中心に、日本とフィリピンの間でノマドワークをしながら、WEB領域で活動しています。
趣味は、食べ歩きとブログ、デザイン、プログラミング。
名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)
正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク