【マニラ】マカティにもオープン!讃岐釜揚げうどん「丸亀製麺」がやってきた! | フィリピン最新情報ブログ

セブ王リピーター様特典&お友だち紹介特典!

詳しくはこちら

【マニラ】マカティにもオープン!讃岐釜揚げうどん「丸亀製麺」がやってきた!

マニラで、日本フードの麺類として人気があるものといえば「ラーメン」が1番最初に上がります。


フィリピンでのラーメンブームも勢いがありますが、同じ麺類として最近多くフィリピンに進出してきている日本フードが「うどん」です。


従来は、どちらかというと、フィリピンに住む日本人向けに、日本料理屋のメニューの1つとして存在していた「うどん」ですが、近頃現地のフィリピン人向けに、「うどん」屋として出店している日本のお店が増えてきた印象があります。


大手では「富士そば」が複数店舗出店しており、最近では「丸亀製麺」が店舗を増やしています。


この度、「丸亀製麺」がBGC(グローバル・ボニファシオ・シティ)店に続き、マカティ店をオープンしたとのことで行ってきました!


marukame3.jpg


よくマカティ周辺をウロウロしている僕ですが、「丸亀製麺」がマカティにできるということを知り、いつできるのかと首を長くして待っていました(笑)


余談ですが、フィリピンでの店舗工事などは予定どおりいかないことがとても多いです。


そのため、日本みたいに「●月●日オープン」のような何ヶ月も前からの具体的なオープン日の宣伝はなく、ずっと「coming soon」の表現が続きます。


別のお店ですが、僕はこの「coming soon」を1年以上待ち続けたことがあります(笑)


marukame1.jpg


そんなこんなで今回も数ヶ月前からオープンを待っていましたが、オープンのときは突然やってきました!


気づけば店舗が入るショッピングモール内にオープンの看板を発見し、オープンから2日後に知りました。


marukame4.jpg


お昼時を過ぎたこともあり、人はまばらでしたが、それでもそこそこ席は埋まっていました。


marukame2.jpg


注文形式は日本と同様で、うどんの種類を選んだのち、トッピングを取ってレジへと進みます。


この自分でトッピングを選んで取っていくのも、フィリピンでは新鮮で楽しい体験になります。


marukame6.jpg


慣れない注文形式のため、注文の仕方や食べ方なども丁寧に説明されています。


marukame5.jpg


そして、気になるメニュー!


英語表記だと違和感がありますが、「釜揚げうどん」や「かけうどん」などの日本でもお馴染みのメニューもあれば、鳥・豚・牛など肉をベースにしたメニューもあり海外らしいメニューも存在しています。


「うどん」の他に「どんぶり」もあり、「うどん」と一緒にお米を楽しむこともできます。


どれも200ペソ(410円)とフィリピンの日本食としては安価に食べることができます。


ぜひメニューの違いなども感じつつ、「丸亀製麺」のうどんを食べてみてはいかがでしょうか?



TAKUSEKI@tac_uitl])


著者プロフィール

著者イラスト

ペンネーム: TAKUSEKI(たくせき)
新卒で公務員を経験ののち、IT企業に転職。その後フリーランスとして独立。 東南アジアの勢いを見たくて、知人が住んでいたフィリピン・マニラに移住。
マニラの都市マカティを中心に、日本とフィリピンの間でノマドワークをしながら、WEB領域で活動しています。
趣味は、食べ歩きとブログ、デザイン、プログラミング。
名古屋支店:052-238-1698 大阪支店:06-6533-3318

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)
正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク